Pocket

パソコン

ノートパソコンのバッテリーは一般的に「寿命」が「約2年」と言われています。

ただし、これはあくまで「目安」です。

「工業製品」なのでもっと短い場合もあれば長い場合もあるわけです。

「バッテリーの種類」を調べる

自分が使っているノートパソコンのバッテリーが。

「リチウムイオン電池」なのか「ニッケル水素電池」なのか確認しましょう。

「Li-ioN」や「Ni-MH」という表記があるので、そこで確認できます。

「リチウムイオン電池」の場合

「リチウムイオン電池」の場合は。

「満充電」をあまりしないようにした方が良いです。

「80%くらい」を「目安」に使用した方が良いです。

こまめに「充電」するのも避けた方が良いでしょう。

あと「リチウムイオン電池」の場合。

残量のあるうちに「充電」するようにしましょう。

「20%くらい」が「目安」です。

「過放電」は「バッテリー」を痛めてしまいます。

「過充電」も避けた方が良いでしょう。

「ニッケル水素電池」の場合

「ニッケル水素電池」の場合は。

「満充電」にしてもかまいません。

こまめに「充電」するのは避けた方が良いです。

あと「ニッケル水素電池」の場合。

なるべく使い切るようにした方が良いです。

「月」に「1回」は「0%」くらいになるまで。

「バッテリー」を使い切った方が良いです。

「メモリ効果」の予防になります。

電源をつないだままの保管は「充電放電」が繰り返される

「バッテリー」というのは「充電回数」があらかじめ決まっています。

「リチウムイオン電池」も「ニッケル水素電池」もおよそ「500回」程度です。

「電源をつないだまま使用を続けている」とすぐに「寿命」が来てしまいます。

「充電」を外して使う日も決めて。

「長持ち」させるように心がけましょう。

神経質にする必要は全くありませんが、少し「意識」するだけでも違うと思いますよ。