Pocket

太陽光発電

当サイトでも何度かお伝えしていることなんですが。

「太陽光発電というのは誰でもできるわけではありません」

自分の住んでるところは「戸建て」で「持ち家」だから。

「それならできるだろう」

というほど単純でもないのです。

そして「太陽光発電のシステム」は「オーダーメイドの商品」です。

「家の環境に合わせて設置を行う」のです。

つまり、現地へ行って「屋根の寸法」や「どういう素材か(スレートなのか瓦なのかなど)」。

あと「屋根の状態確認(雨漏りが発生していないかなど)」をすることが必要になります。

この「現地調査」というのは非常に重要です。

もし「合わない商品」を設置してしまったり。

あるいは「屋根の状態が悪い」にもかかわらず設置してしまうと。

大変です。

「トラブルを回避する」ためにも。

「現地調査」をいいかげんに考えないようにしましょう。

「現地調査」のポイント

・「屋根状況」確認
「屋根」に上って「状態」や「素材」などを確認します。「寸法」も測ります。

・「屋根裏」確認
非常に重要な確認事項です。「屋根構造」を調べたり「雨漏り」が起きていないか調べます。確実な施工のためにも必要不可欠です。

・「分電盤」確認
「分電盤(ブレーカー)」を確認して「契約種別」や「アンペア」「電線の太さ」などを調べます。

・「機器設置スペース」確認
「パワーコンディショナー」や「売電メーター」などの「設置スペース」を確認します。

・「周辺環境」チェック
「設置する屋根」に「日陰」や「障害物」がないか。日照条件が整っているか確認します。

「現地調査」がいい加減なところは「要注意」

例えば「屋根に上って、周辺環境チェックだけして、見積もり作成」。

そんな業者は「要注意」です。

その後の工事もいい加減な可能性があります。

「現地調査」をきちんと行う業者から「納得」して買いましょう

「太陽光発電のシステム」は何度も買い替えるような商品ではありません。

昔と比べると買いやすくなって「お得」であるとはいえ。

それでも「100万円以上はする商品」です。

「納得して買う」ためにも。

ある程度は自分たちでも調べておき。

信頼できる業者から買うようにしましょう。