Pocket

男の子

太陽光発電の話をしたときに「屋根に負荷がかかるから心配」という声を聞くことがあります。

大切なご自宅に設置するので「心配」になる気持ちはよくわかります。

結論から言うと実は屋根への重さの負担はほとんど気にしなくても良いです。

では、なぜ気にしなくて良いかをこれから説明していきます。

太陽光パネルの重さについて

「太陽光パネル」の重さはメーカーや製品ごとにばらつきはありますが。

標準的な重さは 1枚 で 15kg くらいです。

一点に荷重がかかるわけではない

「太陽光パネル」は「架台」という「太陽光パネルを屋根に取り付ける金具」の上に設置するのが一般的です。

一点に荷重がかかるなら屋根への負荷を気にする必要がありますが。

荷重は分散されるので、それほど気にする必要がないのです。

重さよりも気を付けるべきことは

それは「悪徳業者と契約してしまうこと」です。

「工事がいい加減で、しかもすぐに倒産した」

「不当に高額な契約を結んでしまった」

などなど。

当サイトでも何度か紹介させていただいているのですが。

ソーラーパートナーズなら「自社施工」。

太陽光発電のスペシャリストです。

紹介する業者も「厳しい審査基準をクリアした業者」のみが対応するので。

安心です。

「太陽光発電について興味がある」

「自分の家に取り付けることができるのか」

「費用がいくらくらいかかるのか」

そういった方は一度参考にしてみてください。

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】