Pocket

仕組み

太陽光発電を導入する人が多すぎて設置できない地域があるというニュースを見た。

そういう方がいるのですが。

それはおそらく産業用太陽光発電のことでしょう。

事業計画認定が遅れているという話は聞きましたが。

しかし、それは「遅れている」というだけで「できない」というわけではないのです。

実は以前の審査はもっと甘かったのですが。

「太陽光が儲かる」とわかってから、ルールの裏側をくぐって儲けようとするような人もいて。

簡単に言えばお金だけが目的で自分が楽して得することだけを優先的に考えて設置している人のことですね。

そういった人たちを認めるのはおかしいということになってから審査が以前よりも複雑になりました。

あとは単純に導入する人が増えているからだと思います。

話を元に戻しますが。

住宅用太陽光発電と産業用太陽光発電は違います。

それではどう違いがあるのか見ていきましょう。

住宅用太陽光発電

住宅用太陽光発電は10kW未満になります。

設置場所は主に屋根の上です。

自給自足して余った電気を売る「余剰電力買取制度」が適用されます。

家庭で設置する場合はこのタイプになります。

売電期間(固定の売電価格が適用される期間)は「10年」です。

産業用太陽光発電

産業用太陽光発電は10kW以上になります。

設置場所も様々で山林などに設置している場合もあれば、工場などに設置しているものもあります。

発電した電気を全て売る「全量買取制度」というものを選択することができます。

売電価格は安くなるのですが、売電期間が「20年」になります。

最後に

住宅用太陽光発電は現状では、まだ政府が普及を進める方針を出しています。

まだまだ「お得」なので、検討中の方はおすすめですよ。