Pocket

エコ

世界各国で議論されている「地球温暖化問題」。

日本で言うと主流の発電方法は「火力発電」で。

特に「東日本大震災」による「原発事故」から「火力発電」による「発電量」が大幅に増加しました。

大きな電力を安定的に発電できるという「メリット」はあるのですが。

「化石燃料(石油など)」を燃やせば「二酸化炭素」や「有害物質」が排出されます。

「太陽光発電」は、発電時に「有害物質」が排出されません。

「石油」や「ガス」などは「有限」な「資源」です。

例えば「太陽光発電」が各家庭に普及すれば、限りある資源の使用量を大幅に減らすことができます。

以前の 「再エネ発電促進賦課金」とは の記事でも書いたのですが。

実は主要国の中で「日本」という国は「エネルギー自給率」が低いのです。

その上「大量エネルギー消費国」だったりするのです。

「エネルギー資源」のほとんどを海外からの輸入に頼っている状況。

ゆえに「国」は「再生可能エネルギー」の「普及」を「促進」しているのです。

一般家庭で一番身近なもので言うとやはり「太陽光発電」になるかと思います。

そういった理由から現状「太陽光発電」は「得」しやすいようになってるのです。

「得」しないと誰もやってくれないので。