Pocket

パソコン

以前から「省エネ家電」「エコ家電」が推奨されていますが。

そもそも「省エネ家電」とはどんなものでしょうか。

「節電」ができる

使用時に消費する電力が少ないというのも「エコ」ですが。

消費するエネルギーに対して効率が良いことが一番重要です。

例えば、少ない電力で冷やせる・暖めるなど。

「冷蔵庫」や「エアコン」が大きく関係します。

「節水」ができる

使用する水の量が少ないこと。

「洗濯機」や「トイレ」が大きく関係しそうです。

一般的に「ドラム式」の方が「使用する水の量が少ない」ので「エコ」であると言えますが。

「設置スペース」が大きくなるので「置けない」という「家庭」もあるかと思います。

最近は「縦型」でも「進化」しているので「エコ」性能は「アップ」しています。

あと「トイレ」に関しては。

この「トイレ」も各メーカー「節水競争」が繰り広げられています。

「トイレの水の使用量」は「家庭」の「1/3」を占めると言われています。

そう考えると「トイレ」も非常に「重要」。

「家電」は長く使った方が良い?

今までの説明を見て気づいたと思うのですが。

昔よりも今の方が「節電能力」や「節水能力」が「高い」モノが多いのです。

もちろん「エアコン」や「冷蔵庫」みたいな「家電製品」を3年くらいでガンガン買い替えるなんて人は「稀(まれ)」ですが。

例えば「10年」とか経ってくるとタイミング的には良い時期なので。

今に合った「省エネ家電」を買って「光熱費」を削減し。

「生活環境」を快適にした方が良いかと思います。

年間にすると「光熱費」が「1万円~2万円」変わることも珍しくありません。

モノを大切にすることは良いことなんですが。

「電気」や「水」をたくさん使う「家電製品」の場合は難しいところです。