Pocket

エコ

「ZEH(ゼッチ)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

これは「Net Zero Energy House(ネットゼロエネルギーハウス)」の「略」で。

「エネルギー消費量が正味ゼロの在宅」のことを言います。

「省エネ」を行い、必要なエネルギーも自ら生み出すことができる在宅のことです。

「太陽光発電」と同様、やはり「国」が「力」を入れており。

とにかく、これから「工務店」や「ハウスメーカー」が作る「新築在宅」の過半数を「ZEH」になるように。

がんばっているのです。

まあ、ただ「太陽光発電」と同様「メリット」がないと誰もやってくれないので。

「補助金」が出たりするんですが。

一番の「メリット」は「光熱費のランニングコストを抑えられる」というところでしょう。

例えば「大きめの太陽光発電」を設置していると。

「光熱費」がかからず、むしろ「売電収入」で「プラス」になることもあります。

「新築」で「家」を建てられる場合、何十年も生活するわけですから。

「光熱費」がかからないというのは本当に大きな「メリット」です。

ただ「太陽光発電」だけ「設置」して「自給自足」してれば良いというわけではなく。

「基準」や「決まり」があって。

「断熱」「省エネ」「創エネ」がそろった「在宅」にしなければいけないのです。

これから「家を建てる」という方は。

「意識」されても良いかと思います。