Pocket

再エネ発電促進賦課金

毎月支払いをしている電気料金の明細を見たときに。

再エネ発電促進賦課金という料金が発生しているのをご存知でしょうか。

これは、再生可能エネルギー発電促進賦課金の略です。

太陽光発電、風力発電、水力発電などの再生可能エネルギー発電を普及・拡大させるために消費者が負担する税金のようなものになります。

なぜ、このようなことまでして再生可能エネルギー発電の普及・拡大を行っているかというと。

実は日本という国は、主要国の中でエネルギー自給率が低いのです。

エコ太郎
使用量が多いというのも聞いたことがあります。

そこでこの問題を深刻と感じ、このようなものがあるのです。

例えば、近所に太陽光パネルを載せている家があるとします。

そこの太陽光パネルで発電されて余った電気は電力会社に売電されるのですが。

そのときのお金の一部をみんなで支払っているのです。

エコ太郎
太陽光発電がお得なのはそういう理由もあったんですね。

でも見方を変えると太陽光パネルを載せていない方が損してるとも捉えられます。

ちなみにこの再エネ発電促進賦課金は。

再生可能エネルギー発電促進賦課金単価 × 使用量

で算出されます。

つまり使用量に比例して、支払う金額が大きくなるのです。